猫になりたい

pyてょnは3.5を使ってマスコレルウィンストングリーン

Dockerでデータ分析環境を整えた

2017/07/29 bzip2, vim, emacsが漏れていたのを追記

Docker内のUbuntu 16.04 LTSに分析環境を整えた時のメモ
最低限の環境だけ入れる

docker run ubuntu
しただけの環境で以下を実行する。

# 必要なパッケージとjulia, Rをインストール
# iRkernelはひとまず入れないでおく
apt-get update && apt-get install -y wget bzip2 git julia vim emacs sudo apt-file apt-transport-https
apt-file update; apt-get install -y software-properties-common
echo "deb https://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu xenial/" >> /etc/apt/sources.list
apt-get update && apt-get install -y r-base

# anaconda3-4.4.0をインストール
wget https://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-4.4.0-Linux-x86_64.sh
bash Anaconda3-4.4.0-Linux-x86_64.sh;

# zshを使いたい場合は以下もやる
# zshをインストール
apt-get install -y zsh; 

# oh-my-zshをインストール
sh -c "$(wget https://raw.githubusercontent.com/robbyrussell/oh-my-zsh/master/tools/install.sh -O -)"
apt-get install -y tmux tig